Column, Reina's

坪井玲奈のMy LIFE:突然、どうしてスイーツ屋さんをはじめたの?①「罪悪感ゼロ」のおやつ

2016年7月4日
tumblr_inline_o9qnrrLL9H1u4vn46_1280

日本初となる、罪悪感ゼロのおやつ「ブリスボール」専門店をはじめました。

tumblr_inline_o9qnrrLL9H1u4vn46_1280

スイーツ屋さん?
はい、そうです笑

ブリスボールは、
No Sugar(砂糖なし)
No Gluten(グルテンフリー)
No Additives(添加物なし)
をコンセプトとする、ドライフルーツやナッツなど100%自然素材からうまれた、スイーツです。

DSC_0046のコピー

食べることがとっても好き、でも料理は全くしない。
こんな私を知っている人は、突然どうしたの?何か、人生あったの?と訝しがる友人もいます、そりゃそうだ。笑

ご存知の通り、わたし、スイーツが大好きなんです。
3度の飯+スイーツ、は必須。

だからこそ、お昼の3時にコンビニに行くと、
毎日毎日すっごく罪悪感を感じてたんです。

スイーツの棚の前に立って、罪悪感。
スイーツの袋を手に取って、カロリーや原材料をみて、罪悪感。
レジの列に並びながら、スイーツを買話ないほうがいいんじゃないか、と罪悪感。
デスクに戻って、食べようか、いっそのこと捨ててしまおうか、と罪悪感。
でも、食べる。一瞬幸せ、そのあと、すっっっっっっつごく、罪悪感。

子供の頃は、人生で一番幸せだったはずの「おやつの時間」

いつから、こんなに罪悪感ばっかり感じるようになったんだろう。

そんな素朴な疑問。

だからこそ、罪悪感ゼロのスイーツをつくりたい。
心の底から、幸せを感じられる、そんなスイーツ。

そんなことを考えながら、偶然、インスタグラムで出会ったブリスボール。

tumblr_inline_o9samu82mm1u4vn46_1280

でも、なぜ、ブリスボール・・・?

わたしと長い付き合いの方は、
いつか自分で事業をやります、と私が言い続けてきたことは、ご存知かと。

エンジェル投資家である谷家さんのもとで、いろんな起業家のかたを見続ける中で、
わたしなりに固まってきた、事業をはじめるときの、一つのポリシー。

ビジネス的にうまくいきそう、とか、そういうことじゃない、
私なりの「業を起こす」ときのこだわり。

長くなってきたので、このお話は、to be continued…^^

Reina

You Might Also Like